弁護士相談で借金返済問題を解決する口コミ!

債務整理は端的に言って、法的に借金問題を解決する方法です。
主に任意整理や自己破産などがあり、自分で手続きを行える場合もありますが、一般的に専門家に相談して行います。

債務整理を相談できる専門家は弁護士で、多くの法律事務所で相談を受け付けています。
多額の借金や借り入れ先が複数ある人は、自己破産しか選べない可能性もあります。

ただし、個人ごとに状況は異なるために、弁護士に相談すれば最適な債務整理の解決方法を提案してくれます。
任意整理や個人再生を選べる状況の人も多く、一定期間にわたって借金の返済を継続してきた人は支払い過ぎているケースもあります。

法律で認められている金額よりも自分の返済額が多いかを調べるツールが、借金減額シミュレーターです。
シミュレーターを活用することで、本当に支払うべき返済金額を知ることが可能です。

ネット上で利用できるツールで、借金額と返済金額、支払方法、金利などの情報を入力するだけで正しい債務額を計算できます。

借金減額シミュレーターを使った結果、支払金額の合計が本当の債務額を上回っている場合には、弁護士に過払い金請求を相談したほうが良いでしょう。
債務整理を扱っている法律事務所ならば、過払い金請求の相談にも応じているところがほとんどです。

参考:借金返済 相談 口コミ

弁護士に借金返済相談

弁護士などに仲介してもらい現在の借金を債務整理する際、借金の額や金利、返済期間などによっては借金が減らない場合もあります。
手数料がかかって信用情報にキズがつくのに、減額効果がないのでは意味がありません。

そこで借金減額シュミレーターで、自分の簡単な情報を入力して債務整理をしたらどれくらい借金が減るのかを確認することができます。
ただこれはあくまでも簡易的なものですので、実際にはどれくらい減額されるのかは分かりません。

またシュミレーターとはありますが、実際に債務整理を相談する前の予備的な調査ですので、自分の連絡先などを入力する必要があります。
弁護士に相談する場合、成功報酬なども差し引かれますので思ったよりも減額効果がなくてがっかりすることもあります。

ただ、債務整理をするということ自体に全く意味がないわけではないのです。
債務整理をすれば手続きが終わるまで一時的に支払いがストップ、それ以降の金利がなくなります。

毎月の返済額がきついという場合には、返済額の減額も可能です。
手続き中に生活を立て直して、自己破産のような資産全てを失う選択肢を取らずに済むというわけなのです。

今の借金がすでに自分で解決できない状況に陥っているのなら、専門家に相談するために借金減額シュミレーターから申し込むことも大切なのです。