仕事が見つからない、借金もあって死にたいです。

十年ほど前のことですが、当時働いていた職場の人間関係で非常に苦しい思いをし、結局、自分から辞めることにしました。
自己都合による退職でしたので、失業手当は手続きを終えて半年以上経たないともらうことは出来ません。
それまでなんとか貯金を食いつぶしてつないでいましたが、新しい仕事も見つからず、とうとう貯金が底をついてしまいました。

それまで私は、ショッピングの際には3枚のクレジットカードを用いており、それらのカードにはそれぞれ、キャッシング枠が設けられていました。
それで、最初は軽い気持ちでそのカードのうち一枚を使ってお金を借りました。
コンビニに設置されているATMで手数料無料で簡単に借りられました。

しかし、これがワナになってしまい安易にお金を借りるようになりました。
仕事が見つからなかったので仕方がない面もありましたが、特に節約するわけでもなくアッという間に借金が膨らんでいきました。
そして、その最初の一枚の借入が融資限度額ギリギリの50万円に近づいたので、二枚目のクレジットカードで同じように利用を繰り返してしまいました。

その後、三枚目のカードでも借金せざるを得ない状況になり、短期間で融資額は100万円を超えてしまいました。
このままではいけないとは思いつつも、ふさわしい仕事が見つからず、金額は増え続ける一方で、真剣に死にたい考えていました。
私には、妻と当時は小学校に入学する前の娘がいましたが、二人には借金のことは内緒にしていました。

自殺でも死んだら保険金が支払われるということを聞きましたので、その保険金で借入をすべて清算しようと真剣に考えていました。
しかしなかなか実行に移すことが出来ずにいた時、生活保護のことを新聞で読み、ダメ元で一度、相談してみることにしました。
幸い、区役所の担当者の方がとても言い方で親身になって話を聞いてくださり、速やかに手続きを進めてくださいました。

参考サイト:借金で死にたい

そして、生活保護を受給することが出来るようになり、節約にも心掛けて少しづつではありますが、返済していくことができました。
その後、仕事も見つかり、生活保護のお世話を受けなくてもよいようになり、借金も完済して今に至っています。
あの頃は本当に死にたいしか考えられなくなっていて、今考えるとゾッとします。

減らない借金に疲れて死にたい

当方借金というものは長く悩まされており、ことの最初は美容整形のお店でちょっとした勧誘を受けてしまってローンをしたのですが、よくよく考えたら金利も高くておよそ50万円ということで非常にこれには長く返済が掛かりました。
正直ああいった美容整形での強引な勧誘も、上手なのか不安をあおってくる技術が上手いのか引っかかってしまってですね、怖い体験だったと思いました。
それで次の借金というものですが、これは大学の奨学金となります。

まあこれは金利的な面も支払い金額も低くて助かっていますが、額がやはり250万円ということで、これを数十年までかかって払っていくと考えると目がクラクラしてきます。
さてそういった身でも一応は正社員になれましたので、月々の返済に関してはプランを立てて今のところ頑張っています。

でも正直月に使える金額はかなり少なくなってしまってうんざりしています。
これにクレジットカードの支払いがあるので、社会人になっても借入が悩みの種になるとは思っていませんでした。
友人などは車のローンなどで悩んでいるそうですが、車も欲しいなと思うのですが、これ以上借入を重ねると本当に首が回らなくなってしまうので、減らない借金で死にたいです。