ビラ配りが苦手な人へ

私は以前にビラ配りのアルバイトをしていました。当時は1時間に配るノルマがあり、上司も怖くてとにかく一生懸命ビラ配りの仕事と向き合いました。最初はノルマも全然達成する事が出来ませんでしたが、今ではかなり上手になり楽しむ事も出来る様になりました。配布する場所や、その土地の人口数にもよりますが、ビラ配りが苦手な人へのアドバイスを少しだけご紹介致します。
まず、基本的な事ですが、声はある程度大きな声で相手に聞こえるぐらいでなければなりません。最初は一人で恥ずかしいと思う事もあるかもしれません。ですが、ご自身が思っている程、周りの方はそんな事気にしていませんし、見ていません。恥ずかしさは気にしない事が一番です。
そして、配る際はそのチラシの店名を言って配っている方をよく街で目にします。お店の名前を覚えてもらう事が目的ならそれでも良いかもしれませんが、ビラ配りは結局そのチラシを少しでも見てもらう事が目的です。店名は知っていたり、興味のある方なら受け取るかもしれませんがそうでなければ、ゴミとなるチラシを受け取ったりはしないでしょう。なので、多くの人が興味を持ちそうな“割引”、“大セール”、“見なきゃ損する”などの言葉を使うと効果的ですよ。
そして、配る際に一番大事なのが、相手の手元に!という事です。雨が降っていれば傘をさしたり、電話をしながら歩いている人もいると思いますので、相手の邪魔にならず突然でも受け取りやすい位置というのが必ずあります。誰だっていきなりビラを目の前に向けられても受け取りにくいと思います。
相手の受け取り安い手の位置に持っていってみて下さい。
以上の事を試すだけでも絶対に効果が出る事間違いないです。是非お困りの方は試してみて下さい!