そうさくてっぱん樹々、芦屋市にあるお肉が美味しい鉄板焼き店

店名:そうさくてっぱん樹々
住所:兵庫県芦屋市西山町12-3
電話:0797-32-2559

樹々コース(1人1万円)をいただきました。
サラダ、前菜、焼き野菜、焼き魚、お肉、ガーリックライスが出ましたが、どれも焼き具合抜群で味付けも抜群でした。

そうさくてっぱん樹々は、一つ一つの素材の味が活かされる薄味で、子供も食べやすかったので助かりました。
中でも、お肉とガーリックライスは本当に格別です。

お肉の方はさすが神戸牛。
甘味があって、脂身はすっきりしています。
お肉自体の旨味が非常に高く、ずっと噛んでいたくなるような気持ちになるぐらい美味しかったです。

また、そうさくてっぱん樹々のガーリックライスの方ですが、ガーリックライス用のご飯を使っているようで、パラパラでお肉の旨味をよくすっていました。
そこに入っているお肉も非常においしくて、味付けも抜群で、子供がお代わり!と大変気に入っておりました。

そうさくてっぱん樹々のお値段に関しては、1人1万円ということで安くはないですが、内容(特にお肉が神戸牛の点)を鑑みると、決して高くはないと思います。
また、ドリンクメニューも豊富でいずれも高くないので、トータルのコスパは非常に高いと感じました。

子供も主人も気に入ったので、また行きたいと思います。

えいちゃん、神戸市兵庫区にある個人経営の鉄板焼き屋

店名:えいちゃん
住所:兵庫県神戸市兵庫区大開通り10-3-9
電話:0785116767

えいちゃんは、国道に面した、赤い看板が目印のお店。
家族経営で、中国人の夫婦が切り盛りしてます。

日本語は少し片言ですが、明るくて人当たりの良いご夫婦で何度も行っていると電話予約するときに「いつもありがとう」と言ってくれます。

えいちゃんは鉄板焼き屋さんなので、お好み焼きはもちろん美味しいのですが、特におすすめなのが「てっちゃん豆腐」。

アルミホイルのカップの中に、甘辛なスープとホルモンとお豆腐が入っていてとても美味しい。
一つ頼んで二人で分け合えるぐらいの量で、お値段600円。

あと、個人的におすすめなのが「白菜キムチ」。
えいちゃん自家製のキムチがそのまま食べられるのですが、これがどこのキムチよりも本当に美味しい。

辛さは強めなのですが、甘みも程よく単体でポリポリ食べられます。
メニュー表にはなく、座敷の壁にメニューが貼られているので見落としている人も多い隠れおすすめメニューなので是非食べてみてほしいです。

えいちゃんは、全体的に見ても殆どが1000円以内でリーズナブルで、カウンターと座敷が2席あり、家族連れもお一人様も多いお店。
お持ち帰りもできるようで、電話で注文して店頭で持ち帰るお客さんもちらほら。

家族4人で食べに行っても基本5000円以下と、お財布に優しく味も美味しいとてもおすすめなお店です。

いむらや石堂店、長野市のソウルフードの焼きそば店

店名:いむらや石堂店
住所:長野県長野市大字南長野南石堂町1423
電話:026-226-2238

ソウルフードという言葉があります。
地元の人にとってはおなじみで、なくてはならない料理や食品を指す言葉です。

そんなソウルフードが長野市エリアに存在します。
それが、いむらやの焼そば(570円)です。

この焼きそばは他のエリアで供される焼きそばとはかなり趣の異なった料理であり、とても甘いたれとあんかけの野菜の上にチャーシューが乗っているという料理です。

このままではびっくりするくらい甘いのですが、酢とからしをかけて食べるとちょうどいい味わいになるという焼きそばとなっています。
いむらやの焼きそばは、金額の割に量がとても多く、普通盛りでも他店の焼きそばの大盛に相当する麺の量を誇るのです。

食べなれていないと甘さのインパクトに強い抵抗を覚えますが、酢からしをかけて食べなれている方はむしろこれ以外の焼きそばに抵抗を覚えるほど、ハマるととても美味しい味わいになります。

観光客の方や一見さんにはネガティブな甘みも、いむらやに通いなれて食べなれれば、非常に魅力的な味わいになる不思議な焼きそばです。
ちなみに、いむらや店内は街角の中華屋さんと言った趣で、紙を貼って訂正した店内の掲示なども良い味を出しています。

大野、広島市中区千田町の最高にリーズナブルで美味しいお好み焼き店!

店名:お好み焼き 大野
住所:広島県広島市中区千田町2丁目10-6
電話:082-241-3924

大野は、広島大学や広電本社が所在する路面電車の通りから裏手に入ったところにある、昔ながらの広島風お好み焼きのお店です。

広島風の基本は、中に焼きそばの麺(あるいは、うどん)が入った「肉玉そば」という構成なのですが、これがなんと500円!
いまどき、昔ながらのお店でもこの値段で出している所はほとんどないのじゃないかという気がします。

それで大野はクオリティが低いかというともちろんそんなことはなく、熟練の技術に裏打ちされた、広島風ならではの蒸された野菜の甘さを、存分に感じることができます。

大野のトッピングは、いか天、えび、生いかのみ。
そして、サイドメニューはというと、焼きめしとむすびのみ。
この潔さが看板となるお好み焼きの美味しさへの絶対的な自信をうかがわせます。

個人的にはマヨネーズが用意されているのも地味にうれしいポイントですね。
昔かたぎの広島風のお店では置いていないところが多いのです。

大野は、鉄板前のカウンター席、壁際の席、ひとつきりのテーブル、全部合わせても10席程度のキャパシティー。
だからこそ、コミュニケーションもはかどります。

鮮やかな手際でヘラを動かすおばちゃんと楽しいおしゃべりに興じつつ、大野で是非この広島のソウルフードを味わってみてください!

ねぎぼーず本店、名古屋市中川区にある新感覚のお好み焼き店

店名:食彩館 ねぎぼーず本店
住所:愛知県名古屋市中川区大塩町1-22
電話:052-354-0037

ねぎぼーずは、名古屋市内にあるお好み焼きのお店です。
お好み焼きの他にももんじゃ焼きや焼き物とたくさんのメニューがある鉄板焼きのお店となります。

そのなかでも「まんまるえんくう焼」が人気商品で新感覚のお好み焼きが食べられます。
チーズと玉子にふっくらおもちのようなふわふわの記事をスチームオーブンで蒸している様で、ふわふわでトロッとしている生地、ねぎぼーずでしか味わえないお好み焼きと売りにしています。

またお好み焼きのトッピングにも山芋やチーズ、ネギは一般的にありますが名古屋ならではのどてソースがかかったお好み焼きも新鮮で美味しいです。

ねぎぼーずは、その他お好み焼きの種類も充実しており、モダン焼きや広島焼き、スタンダードのお好み焼きがあります。
それぞれのお肉か魚介か両方かを選ぶことができます。

お好み焼きに関してはチリトリで持ってきてもらえるスタンスなのでプロの味を美味しいままに頂くことができます。
もんじゃ焼きは自分たちで作ります。

ねぎぼーずの接客に関しては店員さんたちはとても明るく元気があり活気が溢れている感じがしました。

価格はリーズナブルなお値段なのでそこまでコストがかかるお店ではありません。
ねぎぼーずは子供連れのお客さんも多く、子供用のお子様ランチもあります。

はこべ、高知県高知市にある美味しいお好み焼きの老舗

店名:はこべ
住所:高知県高知市帯屋町1-2-5
電話:088-823-0084

はこべは、お好み焼きを食べることができる老舗です。
高知市にすんでいる人は、知らない人はいないと思うぐらい有名な店です。
今も続けて残っていると思うほど、味がいいのです。

はこべは、高知市の帯屋町という商店街の中にあるので、とてもわかりやすいです。
商店街で買い物をしてその後に立ち寄ることもできるので、お好み焼きが食べたいと思ったときには気軽に使うことができる店ですね。

はこべのお好み焼きでおすすめとしては、ミックス焼きですね。
いろいろな素材が含まれているので、それを食べることにより、とても満足することができるんです。

よく注文をするのは、もち明太チーズです。
これはもちのもっちり感と明太子のの味がお好み焼きと一体となって、とても複雑な味を感じることができるので、定期的に食べたくなります。

場所もいいので、はこべは学生さんからいろいろな年代の人がお客さんとしておとづれています。

帯屋町店と伊野店がありますが、帯屋町店の場合は24時まで営業しているので、ちょっと飲み会の帰りに立ち寄ることも出来る便利な店です。
はこべは、お好み焼きと豚トロ焼きもあり、ビールも飲むことができます。

ふらっぺ、大阪府門真市で広島焼きが食べられるお好み焼き屋

店名:ふらっぺ
住所:大阪府門真市新橋町8-31
電話:06-6909-4786

モノレールの門真、京阪の門真市駅から4分ほどに、ふらっぺはあります。
大阪といえばお好み焼きをイメージすることでしょうが、ふらっぺでは少し違うようです。

それは広島焼きを食べることができるのです。
大阪の人は、大阪風しか受け入れないのではないだろうか?
そう思いましたが、地元の人に親しまれているようです。

ふらっぺのマスターの人柄が良くおもしろい、この辺りではちょっとした有名人です。

メニューもそこそこ多く、焼きそばなども食べられます。
ふらっぺのおすすめは、王道のぶた玉ですね。

普通のぶた玉は600円で、そばかうどんを入れる場合は750円です。
そのままでもおいしいですが、やはりそばを入れた方がおすすめです。

この地で店を開いてから長いようで、ふらっぺは常連さんも多いようです。
お昼時は、とても繁盛しています。

焼いているところを見ていたのですが、なかなかワイルドな焼き方だなと思いました。
良い意味で荒っぽい調理方法です。
その焼き方だからこそ、おいしく感じるのかもしれませんがね。

ふらっぺ店内は、きどっていなくて、誰でも気軽に入れる雰囲気です。
名物マスターもいるお店で楽しく食事ができますよ。